コラム

初心者オススメ無在庫転売について

初心者オススメ無在庫転売

「今すぐにでもお金が欲しい」
「少額でもいいからコツコツ稼ぎたい」
「いずれ脱サラしたい」などなど

いろんな夢を持っているかと思います。

しかし、いざ行動しようと思うと何からやっていいのかわからない!
という人も多いのではないかと思い、今回は初心者オススメ無在庫転売について少しずつ説明していきたいと思います。

必要なものはパソコン、スマホなどネット環境とクレジットカードのみです。
おそらくこのご時世、これを持っていない人はなかなかいないと思います。

そして、よく誰でもできますか?と聞かれますが答えとしてはできます。

しかし、稼ぐためには一つだけ条件があります。

それは「やる気」です笑

無在庫転売は簡単ですが、初心者の方で掘り出し物の商品を見つけるのにはなかなか時間がかかると思います。僕も最初はなかなかうまくいかなかったんですが、そのうちある程度は直感でわかるようになりますよ(^_^)b

それにもし万が一、売れなかったとしても無在庫なのでリスク0です!

こんな書き方だと適当すぎるといわれると思われるかもしれないんですが、結局時代の流れで売れる商品は変わってきてしまうのでこれです!というのは一概に言えないんです。
無在庫転売で大きく稼ぐためにはこのリサーチ力を鍛えることは必要です。

しかし、一つアドバイスをするなら、売れるかな!?と出品するのではなく、既に売れている商品を出品してください。フリマアプリなど見ればそれがどのくらい売れているかはすぐわかります。売れているということは、無在庫転売が成功する可能性が高いということなのです。

また、無在庫転売で大事なことがもう一つあります。それはプラットフォームを比較してたらみんな一番安いほうを買うんだから売れないんじゃない!?という固定概念はすべて捨ててください。

わかりやすく話をします。
フリマアプリでもこれこんな値段で本当に売れたの!?みたいな商品って結構見かけると思います。でもそんな普通に考えたら安いほう買うでしょ!!おっしゃっていることはごもっともです。でも、値段を気にしない人がたくさんいるということなんです。

もっと身近なところで考えてみましょう!

コンビニでカップラーメン買ったことありませんか?
コンビニのカップラーメンは高額です。ドンキホーテで買えば激安で変えますし、普通のスーパーでもそれより全然安く買えます。でもコンビニで買っている人はたくさんいるのが事実です。

でもそれって100円くらいの少額の話だからと思う人もいるかもしれませんが、その感覚はみんな違っていてそれが1,000円の人も10,000円の人もいるんです。

また、顧客の心理として、よくわからないサイトでは買い物をしないというものがあります。
使い勝手もよくわからないシステムを使って購入したくないといったもので、人は面倒なことは嫌いで、少しでも楽をしたい生き物なんです!

価格がすごい安いとか、家からものすごく近いなど特別なメリットがなければ、結局いつも同じところで買ってしまうんです。

だからプラットフォームごとに価格差があっても売れるんです。

また、狙い目は3000円以下の商品です。7000円くらいまで行くと高価だなという気持ちから躊躇する人が多くなるんです。

まずは作業時間30分で、日給1万円を目指すのがいいと思います!この結果が出るだけで普通のサラリーマンの月給くらい稼げてしまうので、やる価値は十分ありますよ!

一回では全部書ききれなかったので詳しいやり方がわからない方は、下記よりLINEでご相談ください。
ネット物販コミュニティ「ANTEI」に無料相談する

ピックアップ記事

  1. 【ネット物販コミュニティANTEI】セミナーに行ってきました。

関連記事

  1. コラム

    【メルカリ】本人確認義務化!その影響は?

    こんにちは。メルカリの本人確認義務化がニュースにもなっていましたね。…

  2. コラム

    物販コミュニティ「BUPPAN!!」について

    「BUPPAN!!」という物販コミュニティをご存知でしょうか?…

  3. コラム

    物販ビジネスのメリット・デメリットをまとめてみた

    こんにちは!アフィリエイトやFX、最近では仮想通貨などいろ…

おすすめ記事

  1. HOW TO

    マイナンバーで副業バレるの?
  2. HOW TO

    【フリマサイト比較】メルカリ・フリル・ラクマどれが良いのか?
  3. コラム

    【メルカリ】本人確認義務化!その影響は?
  4. HOW TO

    物販ビジネスの基礎とアマゾンの登録方法まとめ
  5. オススメ

    【ネット物販コミュニティANTEI】セミナーに行ってきました。
PAGE TOP